大阪市阿倍野区の整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科|骨粗しょう症・関節リウマチ

TEL.06-6626-6300

〒545-0011
大阪府大阪市阿倍野区昭和町1-17-2

MENU
メイン
メイン
メイン

腰痛、ひざの痛みや外傷(骨折、打撲、捻挫等)など整形外科的疾患はもちろんのこと、
体調に関する悩みごとなどにも、親身にサポートします。

お知らせ

新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、当院への受診の際はマスクの着用をお願いします。

令和2年1月より、第2・4水曜日休診とさせていただきます。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。

診療時間表

 
09:00~12:00
15:00~18:30

休診:水曜午後、土曜午後、日曜祝日
△第2・4水曜日は全日休診となります。

診療カレンダー

2020年 8月
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5

休診

午前休診

午後休診

祝日休診

混雑状況

柳井整形外科クリニック
の5つの特徴

01
患者さんとの会話を重視。身体の痛みや体調の悩みなど、気軽にお話しください。
02
レントゲン検査、骨粗しょう症検査、さまざまなリハビリテーションが行える機器を導入。
03
近隣の病院としっかりと連携。手術が必要な場合には迅速にご紹介いたします。
04
院内はバリアフリーで広々と設計。移動の際にはスタッフがサポートいたします。
05
大阪メトロ御堂筋線「昭和町駅」から徒歩約2分、大阪メトロ谷町線「文の里駅」から徒歩約4分。公共交通機関からのアクセスが良好です。

院長紹介

当クリニックは大阪市阿倍野区にあり、地域に密着した患者さんの皆さんのための治療を目指したクリニックです。

捻挫、骨折などの急性の疾患から、関節リウマチや加齢に伴う変形性関節症などの慢性的な疾患まで、一人一人の生活環境やお仕事などに配慮し、新しい検査機器や治療機器を用いて診断、治療を行っております。
院内は、バリアフリーになっており、車いすの方でもご来院いただけます。

院長紹介を見る

クリニック案内

柳井整形外科クリニック

〒545-0011 大阪府大阪市阿倍野区昭和町1-17-2
TEL.06-6626-6300

 
09:00~12:00
15:00~18:30

休診日:水曜午後、土曜午後、日曜祝日
△第2・4水曜日は全日休診となります。

クリニック案内
クリニック案内を見る
クリニック案内

初診の方へ

当クリニックは予約制ではありません。

診療時間内にお越しの上、受付にて健康保険証等をお見せいただき、来院名簿にお名前をお書きください。
お渡しする問診票におわかりになる範囲で結構ですのでご記入の上、受付にお渡しください。

順番にお呼びいたしますので、待合にてお待ちください。

初診の方へを見る

交通案内

最寄駅 大阪メトロ御堂筋線「昭和町駅」から徒歩約2分
昭和町駅1番もしくは3番出口を出てライフと、ライフ駐車場の間の筋を東へ約100m
大阪メトロ谷町線「文の里駅」から徒歩4分
文の里駅4番出口を出てあびこ筋に沿って南へ徒歩約5分、ライフと、ライフ駐車場の間の筋を東へ約100m
駐車場 当クリニックに駐車場はありません。近隣のコインパーキングをご利用ください。
また当クリニック前の道路は西行き一方通行ですのでご注意ください。
駐輪場 自転車でご来院の場合は、入り口左手(東側)に駐輪場がありますのでご利用ください。
交通案内を見る

コンテンツ

こだわり

学生時代に骨折した経験から整形外科の医師の道へ。痛みを抱えた患者さんを思いやった診療に努めます

学生時代の骨折から入院、手術に至った経験が、整形外科の医師を志した理由の1つです。院内には検査やさまざまなリハビリテーション用の医療機器を取りそろえ、身体の痛みでお悩みの患者さんを身近で思いやれる診療を心がけてまいります。

こだわり
こだわりを見る
こだわり

よくある質問

整形外科ではなにを診てもらえるの?

整形外科では、脊椎(せぼね)や四肢の骨・関節・筋肉・腱・靱帯・脊髄・末梢神経など運動に関係する器官のあらゆる病気(外傷・障害を含む)を専門的に治療します。

骨粗しょう症とは?

骨は主にたんぱく質とカルシウムからできており、たえず古い骨が壊され新しい骨が作られることにより骨の強さが保たれています。新しく作られる量よりも壊される量の方が多くなると、骨の内部はだんだん薄くなりスカスカでもろくなってしまいます。この状態を骨粗しょう症といいます。

ギックリ腰になったらどうすればいい?

何かしようと体を動かしたとたん、ギクッと腰に痛みが走り、少し体を動かそうとするだけで激痛が走る状態をいわゆるぎっくり腰といいます。ぎっくり腰は、背骨を支えている筋肉や靱帯、椎間板、椎間関節が傷つくことが原因といわれていますが、はっきりしたことはまだわかっていません。痛みの強い初めの数日間は、鎮痛剤を飲んだり安静にしていることが大切です。お風呂に入って腰を暖めることもかえって痛みを強くすることになりますから控えましょう。

よくある質問を見る
pagetop